バランスの良いミネラル摂取は心身をキレイな状態に

バランスの良いミネラル摂取は心身をキレイな状態に

私達人間の体は50種類ほどの元素で構成されています。

 

体内でつくられるものもありますが、中には体内での合成ができず、食べものなどからとり入れなければならない元素もあるそうなのです。これがミネラルです。栄養学上では無機質と呼ばれるものです。

 

加齢にも負けない体やお肌をつくるのにも、このミネラルはたいへん重要です。ですので、必須ミネラルといわれる16種類を食事などを通してバランス良く摂取することはとても大事なのです。その16種類の中には、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなど聞き覚えのあるものも数多くあります。これらのミネラルにはそれぞれに働きがあって、私達の健康と生命活動そのものをサポートしてくれます。そして、美しい肌、美しい髪、美しい歯、美しい体づくりにも重要な役割を果たすのです。必須ミネラル以外にもミネラルはたくさんありますから、それらをまんべんなく体にとり入れられるよう心掛けましょう。

 

ミネラルを多く含む食品にはどのようなものがあるのでしょうか。桜えび、焼き海苔、カットわかめ、切り干し大根、納豆、ピーナッツ、ほうれん草などをその代表格として挙げることができます。一般に魚介類や海草類などの海産物の方が、その他の食品よりもミネラルを多く含んでいるようです。特に海草類は乾物も多いですので保存がききますし、味噌汁やサラダなどいろいろな料理に使えて便利です。

 

また、ちょっとした気配りでミネラルを無理なくとることもできます。例えば普段、お料理やお菓子作りに使う砂糖(上白糖)を黒糖や三温糖、きび砂糖に代えることです。黒糖など茶褐色の砂糖はミネラルが豊富なことで知られています。体内に吸収されやすく、すぐにエネルギーに変わるので、即効的な疲労回復効果もあるようです。

 

バランスの良いミネラル摂取は、私達の心身をキレイな状態に導いてくれるのですよ。

 

とくに、ひじき、大豆、牡蠣やするめには多くのミネラルが含まれています。アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類もミネラルが豊富に含まれています。