保湿が肌の美しさをつくりだす。

保湿が肌の美しさをつくりだす。

美白な美肌を手に入れるには、どちらも予防と保湿が大事です。

 

紫外線が強くなる夏まえにしっかりと対策を取るべく、予防と保湿の重要性と対策をお教えします。

 

予防と保湿が大事。

 

夏になってから日焼け止めを買ったり、本格的に寒くなってから保湿ケアに力を入れている人が殆どだと思いますが、これでは遅すぎます。

 

特に日焼けに関しては年中気をつける必要があります。1年中紫外線というのは存在しているからです。ケアを怠っていると、気付かないうちにしみの元を作ってしまっていることになります。

 

また、保湿は美肌を保つため最重要視しなければいけない項目です。保湿をしっかりしていれば美白にも近づけます。

 

 

.美白への道

 

美白の一番の敵は紫外線です。シミだけではなく、皺の原因にもなります。シミはあるだけで、とても老けた印象を与えてしまいますし、一度出来るとなかなか消えません。普段から日焼け止めを塗って、シミを予防しましょう。

 

日焼け止めはなるべく美白成分である、ビタミンc誘導体やプラセンタエキス等が配合されているものを選びましょう。日焼けを防ぎながら、美白効果も期待できます。

 

また日焼け止めは、実は塗りなおしがとても重要なのです。ウォータープルーフの日焼け止めでもタオルで拭いたりすればすぐに落ちてしまいます。こまめに塗りなおして、日焼けを防ぎましょう。塗りなおす時間がない場合は、パウダーファンデーションをつけるといいでしょう。UV成分が入っていないファンデーションでも、パウダー自体が紫外線から肌を守ってくれます。

 

 

保湿で美肌へ。

保湿に関しては、兎に角自分に合う基礎化粧品を見つけることが大事です。冬になり肌が乾燥しやすくなってきたら、いつものケアと合わせてフェイシャルマスクでお肌をケアしてあげて下さい。週に3回ほどでいいので、洗顔の後にマスクでスペシャルケアをしてあげれば、乾燥しがちな冬でも肌を潤った状態に保つことが出来ます。

 

まとめ

 

美肌を保つためには普段のケアが重要です。日々のちょっとした努力を惜しまずケアしていけば、白く美しい肌を手に入れることができるでしょう。