早寝早起きが美肌にいい3つの理由

早寝早起きが美肌にいい3つの理由

早起きは健康のためだけではなく、美肌にも良いことがあります。
それはどんな理由からでしょうか。

 

成長ホルモンが分泌する

 

成長ホルモンというと、10代20代しか分泌しないイメージがありますがそうではありません。
質の良い眠りを摂ることで成長ホルモンが分泌します。

 

昼間に受けた肌ダメージを修復してくれるため、美肌効果が非常に高いのです。
美肌に効果のある睡眠時間は1.5時間の倍数で6時間から7時間半です。
あまり早起きすぎても効果は半減してしまいます。

 

ただ無理に早くに寝ようと思っても、反対にストレスが掛かってしまいます。

 

ですからゆったりと入浴して体を温め、早いうちに照明を消してリラックスした環境の中でくつろいでみてください。
スマホのようなブルーライトの刺激はなるべく避けることで、自然な眠りを誘うことができます。

 

自律神経のバランスが整う

 

女性ホルモンは美肌ホルモンと言われています。睡眠時間が短くなると自律神経が乱れてしまい、女性ホルモンの分泌も乱れてしまうのです。

 

 

そのためには早起きして朝日をしっかりと浴びることが大切です。朝日を浴びるとセロトニンという、幸せホルモンとも呼ばれるがホルモンが分泌します。
セロトニンはストレスを緩和して、自律神経を整える作用があります。

 

気持ち良く朝日を浴びて目覚めるためには、寝室のカーテンは遮光性ではないタイプが最適です。
日が昇るのに合わせて自然に体が眠りから覚めやすくなります。

 

遮光性を使っている場合には、寝室に朝日が差し込むように10cm程度隙間を開けておくと良いですね。

 

朝ごはんを美味しく食べることができる

 

いつも仕事や学校ぎりぎりの時間まで寝ていて、朝ごはんを食べないという習慣の人もいます。

 

朝からしっかり食べたほうがいいというよりは、早起きして適度におなかが空いた状態で食事を摂ることに意味があります。
朝起きたらまずはコップ1杯の水や白湯を飲みます。

 

いつもより早く目覚めたら、部屋の掃除をしたりストレッチをしてみましょう。すると体を動かすことで腸のぜん動も起きやすくなります。
腸内環境が改善することで、美肌効果も高まります。