肌荒れは冷えた身体を野菜で温めると回復する可能性

肌荒れは冷えた身体を野菜で温めると回復する可能性

季節の変わり目や体調が悪い時、肌の状態も悪くなります。

 

 

肌が不安定になる原因はストレスや疲れなど色々とありますが、一度不安定になってしまうと、なかなか直ぐには改善できないものです。肌の状態が思わしくない時、特に女性は身体全体が冷えている場合があります。身体がしっかり温まると、血の巡りも良くなり肌の状態も安定するのです。冷えが酷く顔色も良くない時、食べたい野菜は身体全体を温める効果のある野菜です。

 

 

身体を温める効果のある野菜として身近なのが、人参やゴボウ、カボチャやネギ、そして生姜です。どれも手軽に食事に取り入れることができるので、積極的に食べたい野菜といえます。カボチャには身体を温める以外にも、ビタミンCやビタミンE、β-カロテンなどが豊富に含まれているため、免疫力をアップさせたり粘膜の抵抗力を高める働きがあります。

 

 

肌を強く守ってくれる作用なので、顔色が冴えない時にはしっかり食べたい野菜といえます。人参にはビタミンAが豊富に含まれていますので、身体を温めながら肌をなめらかに整える効果があるのです。生でサラダに、煮物やお菓子などにも取り入れやすいので、毎日の食卓に並べると肌の状態も安定します。

 

 

ネギは香味野菜のイメージが強いのですが、身体を温めると同時に血行を良くし、蓄積された疲労を回復してくれますので、肌だけではなく身体全体を元気にさせる作用があります。食物繊維が豊富なゴボウですが、体内の毒素を排出させる作用があるので、特にニキビなどの肌荒れには効果的だといえます。野菜というよりも漢方や薬膳の様なイメージのある生姜ですが、生姜の持つ成分であるジンゲロールは新陳代謝を促進し、肌の生まれ変わり、つまりはターンオーバーを助けてくれます。

 

 

もう一つある成分ショウガオールは抗酸化作用に優れており、シミやシワといった肌の老化にストップをかけてくれるのです。ここ最近、肌荒れやニキビ、乾燥肌で悩んでおりなんとかしたい場合は、冷えた身体を野菜で温めると回復する可能性があります。