アスタキサンチンは強い抗酸化作用で活性酸素から細胞を守っている

アスタキサンチンは強い抗酸化作用で活性酸素から細胞を守っている

近年、アスタキサンチンの持つ強い抗酸化作用が注目されています。

 

活性酸素を除去し、美容と健康をもたらしてくれる成分として、サプリメントや化粧品などに用いられるようになりました。
ここでは、主にアスタキサンチンの効果、効能について少し掘り下げて見ていきます。

 

アスタキサンチンとは?

 

ニンジンなどでお馴染みのβカロチンの仲間で、カロテノイドの一種です。
鮮やかな赤橙色をしていて、エビや鮭、イクラなどに含まれています。

 

ただ、海産物からアスタキサンチンを抽出するのは難しいため、サプリメントや化粧品で使用されているのはヘマトコッカス藻という藻類から抽出されたアスタキサンチンです。
ヘマトコッカス藻は通常なら緑色に成育しますが、環境が厳しくなると体内でアスタキサンチンを作り出し、赤くなったまま休眠状態になります。

 

厳しい環境から体をガードしているのは、アスタキサンチンの強い抗酸化作用で、活性酸素から細胞を守っているのです。
アスタキサンチンの持つ抗酸化力はビタミンCの6000倍、βカロチンの5倍とされ、他の栄養素と比べて、いかに高い抗酸化力を持っているかが分かります。

 

アスタキサンチンの美容効果とは?

 

アスタキサンチンの持つ作用について知るためには、活性酸素が体に及ぼす影響ついて知らなければいけません。
具体的には老化、慢性疾患、脳卒中、アレルギーなど、体の不調に活性酸素は大きく関係しているのです。
増えすぎた活性酸素は正常な細胞も攻撃してしまうため、老化が早まってしまうとされます。

 

アスタキサンチンは活性酸素の毒性を取り除くので、アンチエイジング、抗炎症作用、生活習慣予防、コレステロール値の抑制など、活性酸素と逆の効果をもたらします。
また、肌のシミなど紫外線を浴びたことにより生じた活性酸素にも働きかけることから、美白にも高い効果があるとされます。

 

カロテノイドの一種であるアスタキサンチンからは、ビタミンAの摂取も期待できます。

 

ビタミンAはコラーゲンの生成を促進することから、アスタキサンチンの摂取は肌のシワやたるみにも効果があるのです。
以上のように、群を抜いたアンチエイジング作用があることから化粧品にも多く配合されるようになりました。

 

アスタキサンチンのとり方

 

アスタキサンチンは主に赤い魚介類に含まれます。
前述した鮭やエビ、イクラなどです。

 

ただし、加熱すると白くなるマグロやカツオなどには含まれていません。
熱に強く、水にも溶けにくい性質のため、調理法は問わずに摂取できます。

 

1日6mgの摂取が理想的とされますが、毎日3食魚介を並べるのは難しいと思うので、手軽に摂取するにはサプリメントを使うのもお勧めです。